HOME >> 論理エンジンとは? >> 学ぶ前に知っておいてほしいこと >> 国語はセンス

学ぶ前に知っておいてほしいこと

国語はセンス?

国語はセンス、感覚の教科であり、そのためどれだけ勉強しても効果がない。だから、国語に勉強時間をかけるより、英語や数学に力を注いだほうが得策である――。
これが受験生一般の考え方でした。あるいは、しょせん日本語だから勉強しなくてもなんとかなる。そう考える受験生も、実に多くいます。本当になんとかなるのでしょうか?

入試問題とは、膨大な文章の中から、なんらかの意味で「ただなんとなく読んでも理解できない」文章が選ばれたもので、特に評論文が出題される傾向が強いです。
評論文とは、一般の人向けに書かれた論文(専門家向けは学術論文)のことで、評論用語が使われ、論文の文体で書かれています。もちろん論文ですから、『論理の文章』です。
今の子どもたちが日常生活で論文の言葉を使ったり、論文の文体を駆使したりすることはほとんどありません。まして、文章を論理に着目して読み取る訓練も受けていません。
だから、「しょせん日本語だから、勉強しなくてもなんとかなる」とは限らないのです。

しかも、設問の大半は「傍線部を説明せよ」です。
採点官という“他者”にわかりやすく説明するためには、筋道を立てなければなりません。それは、なんとなく読むのではなく、文章の論理構造を押さえることによってはじめて可能になるのです。
まさに現代文は論理の教科であることを、おわかりいただけたでしょうか。

センター試験では、評論と並んで小説問題が出題されます。小説こそ、人それぞれにいろいろな読み方があると思いがちです。
しかし、入試問題で問われるのは、「小説の中の一場面をどのように客観的に分析したか」という学問的能力の有無であり、あなたが作品をどう評価したかなどはいっさい聞かれないのです。
第一、出題されるのはエンターテイメント作品ではなく、決まって文学作品です。文学作品とは時代を超えて読み継がれるもの。そのために、その時代がどんな時代で、そこでは人々がどんな暮らしをし、どのような価値観のもとに生きていたのか、後の時代の人間にも理解できるように描写されています。
そうした文学作品のほんの一場面を切り取ったものが、問題文です。

私たちが小説を読むときは、ふつう一ページ目から読みます。そして読み進むにつれて、書かれている言語の情報から、その時代がどんな時代で、登場人物がどんな性格で、いまなにが起こっているかわかるから、次の場面をスムーズに読むことができるのです。
ところが、入試問題は小説のほんの一部が切り取られているだけです。情報が何一つ与えられることなく、いきなりその場面を読み取らなければならないのです。
だから、普通に読んでいては設問に答えることはできません。文中から確実に根拠を探し、登場人物の心情を客観的に把握していく読み方でなくてはならないのです。
そのためには、一貫した方法論と、一定量の訓練を必要とします。いくら小説が好きで、今までたくさんの本を読んでいたところで、必ずしも入試の小説問題が解けるようになるわけではないのです。

もちろん、大学側の狙いは、入学後に論文を読んだり書いたりするための基礎力を試すことにあります。さらに、テキストや資料をいかに客観的に分析できるかを試そうとしているのです。

現代文とは不思議な教科です。本来の入試のありようと、大学側の狙いと、高校側や生徒たちの思いこみが、これほど乖離している科目など、ほかにあるでしょうか。
だから、いくら学習しても効果が上がらず、それをセンスや感覚のせいにしているだけなのです。

次ページ:論理の習熟について

このページのTOPへ