HOME >> 「論理エンジンキッズ」

「論理エンジンキッズ」

言葉の獲得時期に、同時に論理を学習することで相乗効果

小学生の時期は、学校で「ひらがな」・「カタカナ」・「漢字」を習わせる、言語習得のためのとても大事な期間です。

開発者の出口汪は、これまで「言語を習得する前段階から論理を身につけることは難しい」と考えていました。
ですが、長年教壇に立って培った経験と、『論理エンジン』の開発、教員への研修指導などを経て「むしろ、言語感覚が固まりきる前、言葉の習得段階と同時に論理を習得させてしまったほうが、子ども達の本当の財産になる」と考えるようになりました。

そして、そのために研究を重ね、小学生低学年からでも楽しんで論理に触れられるよう開発した教材が、この『論理エンジンキッズ』なのです。

ただ単に言葉を知識として覚えるだけでなく、並行して論理的な言葉の使い方をしっかりと学ぶことで、今後必ず必要となる「論理的読解力・思考力・表現力」を飛躍的に伸ばすことができます。

論理的な読解力・思考力・表現力は、2020年度から始まる「大学入学共通テスト」や、公立中高一貫校の適性検査型入試、また全国学力調査の「国語B問題」などの問題を解くために必要不可欠な能力です。

『論理エンジンキッズ』のオリジナルメソッド

文の要点

文の要点とは、主語・述語(・目的語)であり、特に述語に強調したいポイントがきます。主語と述語を正しくとらえることは、文の要点を正しく把握・認識することにつながります。

『論理エンジンキッズ』では、主語・述語・目的語を文法知識として理解させる前に、の形で当てはめて学習します。
色と形で直感的に主語や述語の場所を身につけさせた後、それぞれにかかる修飾語などを学習し、「言葉はすべてつながっていて、骨格となる〈要点〉と〈飾り〉とがある」という意識を持たせます。

イコールの関係

筆者の主張A=A’具体例・体験・引用・比喩など

イコールの関係を理解すると、説明文の読解で筆者の主張を読み取ったり、比喩表現や引用文による言い換えを見抜いたりする力が飛躍的に向上します。

はじめは「単語」レベルから、「まとめる言葉」と「くわしくする言葉」という概念を学びます。
抽象度により階層が違う『言葉のピラミッド』に単語を当てはめたり、『仲間の言葉』のカードを見つけたりする練習から、一文と一文との論理的関係、文章の中での論理的関係と、徐々に学習難易度を上げていきます。

対立関係

筆者の主張A⇔B対立するもの・比較するもの

筆者は、主張を際立たせるために、あえてそれとは反対のものを持ち出して比較することで、よりわかりやすくすることがあります。比べることによって「言いたいこと」を強めるのが対立関係です。

対立関係も、はじめは「単語」レベルで「反対の意味の言葉」を探す訓練から始めます。そして、徐々に文章を長くしていき、文章の中での対比、対立関係を見抜けるようにしていきます。

因果関係

A→B(AがあったからBが起こった)
B←A(Bが起こったのはAがあったからだ)

因果関係とは、「原因と結果」を示す関係のことです。
因果関係の力は、入試において年々比重を増している小論文などで、自分の主張をしっかり表現するための必須能力です。
欧米では、自分の意見(主張)の後に「because」と必ず「理由」をつけます。
この力を身につけることができるようになれば、論理的な表現力、記述力が飛躍的にアップします。

「イコールの関係」「対立関係」「因果関係」といった論理関係は、論理的な読解力や記述力を高めるための軸となる関係です。これらの論理関係を身につける最大のコツは、接続語を正しく理解し、使いこなすことができるかどうかです。
とはいえ、接続語は文法事項として低学年の子どもに教えるには少々ハードルが高いものです。
そこで本書では、まずは文と文との間に入る関係を「=」「⇔」「→・←」といった記号を用いて表すことから始めます。
その後、その記号を言葉であらわす訓練をすることで、接続語の概念と正しい使い方を理解させます。

学齢にとらわれず学習するために、レベル別に冊子をご用意

書店に並んでいる、普通の問題集・学習参考書は、たとえば「小学4年生 国語」などという形で学齢で分けられているものがほとんどです。
ですが、算数などは「小2で九九を覚える」というように、どの学年で何を学ぶのかが決められていますが、国語は新出漢字以外は「必ずこの学年でこれを学びなさい」という指針がはっきりとはありません。
また、日本語であるがゆえに、小学校時代は家庭での声掛けや読書体験などによって子どもの国語力・言語運用能力は大きく変わってしまうのが実情です。

そのような状況で、「あなたは小学●年生だから、その学年のテキストを使いなさい」というのはあまりに子どもにとってかわいそうです。

そこで、本書では、あえて「小学●年生」という学齢表記を外し、すべて「レベル●」という形でレベル表記をしています。
もちろん、子どもの学齢に合ったレベルを学習していただいてもかまいませんし、実際の学齢よりひとつ上、あるいはひとつ下のレベルを学習することも可能です。

レベル1 → 小学1年生対応
レベル2 → 小学2年生対応

レベル6 → 小学6年生対応

※各レベルに出てくる漢字については、上記の対応学年を基準とした新出漢字にしています。

①と②の2冊構成

各レベルとも、①と②の2分冊にて構成されています。
それぞれでお求めいただくこともできますし、セットでご購入することも可能です。

確認テストCD

各ステップで学んだ要素がきちんと理解できているか確認するためのテスト問題をご用意しています。(別売)

スパイラル方式を導入

本当の学力を身につけるためには、ひとつの学習テーマについて、基礎的な学習から発展問題へと順を追って学習訓練する必要があります。

本書では、
・単語レベルの問題⇒単文での問題⇒複数文での問題⇒長文問題
・レベル1~6(小1~小6対応)まで、難易度を変えて同じテーマを学習
という、複合スパイラル方式を実現しました。

学習テーマにおけるスパイラル

主に①に掲載 「言葉」の整理 まとめる言葉・くわしくする言葉 対立する言葉 言葉のピラミッド 対立概念の混じった言葉のピラミッド
文の要点 主語・述語・目的語 言葉のつながり 一文の要点 要約する
主に②に掲載 イコールの関係 =記号を使った文と文との関係 記号と接続語を使ったイコールの関係 具体例・体験・引用・比喩 長文の中でのイコールの関係
対立関係 ⇔記号を使っての文と文との関係 記号と接続語を使った対立関係 対立関係を使って意見を強める 長文の中での対立関係
因果関係 →←記号を使っての文と文との関係 記号と接続語を使った因果関係 因果関係を使って理由を考える 長文の中での因果関係

問題難易度・学齢に応じたスパイラル

  文の要点 イコールの関係 対立関係 因果関係
レベル1 主語と述語 単語レベルで具体と抽象 単語レベルで反対の言葉 因果関係を記号でつなげる
レベル2 短い一文の要約 記号と接続語 記号と接続語 自分の意見を「理由」をつけて書く
レベル3 長い一文の要約 具体例を使った説明 反対の意見を持ち出して自分の意見を強調 理由と結果を見分ける
レベル6 文法事項や一文の構造を理解する 入試問題の長文から具体と抽象を見抜く 入試問題の長文から対立関係を見抜く 作文・紙上ディベートなど

目次

各冊子の内容についてはこちらからご確認ください。

コチラ

問い合わせ・資料請求

塾様はコチラ

学校様はコチラ

※備考欄に「論理エンジンキッズ希望」とお書き添えください。

ご注意

「論理エンジンキッズ」は、塾・学校を対象とした直販教材です。
個人の方への販売は行っておりません。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ