HOME >> 論理エンジンとは? >> 開発者出口汪について

開発者出口汪について

開発者 出口汪先生

関西大学大学院博士課程単位習得後退学。東進衛星予備校講師・株式会社水王舎代表取締役を兼務。

大学院在学中にはじめて予備校の教壇に立ち、独自の論理的解法を駆使した講義でたちまち人気講師になる。以降、現代文のトップ講師として20年以上にわたり活躍する「現代文のカリスマ」である。これまでに執筆した受験参考書は累計部数800万部を数える。
その指導スタイルは、これまで「センス」「感覚」の科目と言われてきた国語・現代文への認識を一変させ、受験現代文の世界に革命をもたらしたと言われる。

2002年、自らの経験の集大成として、筋道を立てて考えさせる論理力・言語能力養成システム『論理エンジン』を開発。現在、全国200校以上の公立・私立学校が正式採用している。
また、言語を正しく扱う力を伸ばすことは、学力向上のみならず、コミュニケーション能力の向上等、人生を豊穣にすることにつながる力が養われるとして、講演や執筆活動などさまざまな教育活動にも取り組んでいる。それゆえ、受験生のみならずビジネスパーソンの間でも絶大な人気を得ている。

■主な執筆書籍

受験参考書 出口の好きになる現代文シリーズ(水王舎)
出口のシステム現代文シリーズ(水王舎)
システム中学国語シリーズ(水王舎)
出口の現代文レベル別問題集(東進ブックス)
出口汪の新・日本語トレーニング(小学館)
一般書 出口汪の「最強!」の書く技術(水王舎)
出口汪の「最強!」の記憶術(水王舎)
大人のための本当に役立つ小学生漢字(水王舎)
ロジカル・リーディング(インデックス・コミュニケーションズ)
「出口式」脳活ノート(廣済堂出版)
大人の「論理力」が身につく!出口の出なおし現代文(青春出版社)
「論理力」短期集中講座(フォレスト出版)
日本文学関係 「漱石の名作」がすごい!(中経出版)
源氏物語が面白いほどわかる本(中経出版)
再発見 夏目漱石―――65の名場面で読む(祥伝社新書)
教科書では教えてくれない日本の名作(ソフトバンク新書)
小説 水月(講談社)

他、多数。

次のページ:論理エンジン開発の経緯

このページのTOPへ