HOME >> 論理エンジンとは? >> 学ぶ前に知っておいてほしいこと >> 論理エンジンと入試問題

学ぶ前に知っておいてほしいこと

論理エンジンと入試問題

東京大学の現代文の問題と、センター試験の評論問題は瓜二つです。抽象度の高い文章の傾向、その長さや難易度をみると、両者にほとんど変わりはありません。設問は、ともに「傍線部を説明せよ」「傍線部の理由を説明せよ」「全体を説明せよ」です。
それなのに、教師も受験生も、センター試験は基礎であり、東大の問題はもっとも難解であると信じ込んでいます。

それはなぜか――。文章を読むとき、なんとなく読み、なんとなくわかったような気になっているからなのです。
それでも、センター試験は選択肢があれば、そこそこ得点ができます。しかし、自分でもよくわかっていないことを、どうやって人に説明できるでしょうか。ましてや、ある条件のもとに言語化せよといわれたら、途方に暮れるのは当然です。
そうなると、「なにを書いていいのかわからない」となります。

そこで不可欠なのが論理的思考力、つまり論理力なのです。この力を高めることで、文章を論理的に読むことができるようになります。
筆者の立てた筋道をあるがまま理解することができ、設問に対して、筋道を立てて説明することができるようになるのです。
要は、論理の組み替えにすぎないのです。
中学生、あるいは高校一、二年生のうちに、こうした論理力に習熟すれば、東大や京大の問題などじつに簡単にみえてきます。

また、読み取ったことを筋道立ててまとめたり、説明したりする能力が必要なのは、なにも現代文に限ったことではなく、すべての科目の記述・論述対策につながるものです。
論理力を鍛えないまま来てしまうと、受験生になってからいくら記述・論述問題の対策を講じたところで、結局は付け焼き刃にすぎず、大した効果は得られません。
将来、国公立の大学への進学実績を上げたいと考える学校、塾なら、こうした論理力を鍛え上げることが不可欠です。

次ページ:国語はセンス?

このページのTOPへ