HOME >> 論理エンジンとは? >> 論理エンジンを知る10のtips >> Point3.一文の構造をつかまえる

論理エンジンを知る10のTips

Point3.一文の構造をつかまえる

一文の要点が「主語~述語」であること。
言葉は必ずほかの言葉とつながっていること。
この二つがわかれば、一文の構造をつかまえることができる。

一文の構造を理解することで、言葉の取り扱いが変わっていく。これまでの「なんとなく」という読み方から、「言葉の規則」を意識して文を読んでいくことができるようになる。それが「頭の使い方」を変えることにもつながる。

「たかが一文」と思うかもしれないが、東京大学でもセンター試験でも早稲田大学でも、基本は「傍線部を説明せよ」で、その傍線部の一文を分析できなければ、「説明する」ことができないのである。

Point3.問題画像
Point3.解答画像

【解説】

まず「主語~述語」を考えると、「微風が~吹き抜けた」である。あとは飾っているだけの言葉だとわかる。

では、どのように飾っているかというと、
「山を~下りると」→「吹き抜けた」
「さわやかな~微風が」→「吹き抜けた」
「春の~微風が」→「吹き抜けた」
「頭の~上を」→「吹き抜けた」
と、上から下へ読んでいくと、この一文の構造がみえてくる。
日本語は結構、論理的にできあがっているのである。

言葉と言葉にはつながりがあり、その言葉が集まって一文をつくっている。一文の言葉にも、要点となるものと、飾りの言葉がある。日本語が論理的にできていることを、ほんのすこしでも感じ取れれば成果ありである。

次ページ:Point4.スパイラル方式とクイズ感覚を活用する

このページのTOPへ